*** 介護保険制度のあらまし ***

要介護認定とは、被保険者が高齢化等に伴い
介護が必要となった度合を認定するものです。

■ 介護保険制度 認定手続きの概略 ■

 

利用者(被保険者)

申請は、本人や家族の他、近くの居宅支援事業者(ケアプラン作成事業者)及び介護保健施設にも依頼できます。
市町村 申請後、認定結果が通知される前にサービスを利用しても認定の効力は申請時まで遡りますので、介護保険の適用になります。
医師の意見書
訪問調査
訪問調査の際に調査表に記入した事項  コンピュータによる判定
 ↓
介護認定審査会による審査判定
要介護認定
認定
非該当
要支援
要介護1
要介護2
要介護3
要介護4
要介護5

自立
介護保険のサービスは受けられません

認定されなかった利用者でも、市町村独自の事業として介護保険以外のサービスを受けられる場合があります。
詳しくは各市町村へお問合せください。
 ※認定結果に不服がある場合は、
   都道府県の《介護保険審査会》に申し立てができます。
要介護認定は、原則として6ヶ月毎に見直されます。

居宅介護支援事業者による介護サービス計画の作成
(ケアプラン作成事業者)

施設入所サービスの利用 居宅サービスの利用
特別養護老人ホーム
老人保健施設
療養型医療施設
短期入所生活介護
短期入所療養介護(ショートステイ)
訪問介護
訪問入浴介護
訪問リハビリテーション
通所介護
通所リハビリテーション
福祉用具貸与
住宅改修費の支給、他
※要介護認定を受けたあと、居宅介護支援事業者 (ケアプラン作成事業者)をなどの専門機関を通さずに、本人あるいはその家族自身が直接、介護サービス提供機関に利用を申し込むことも可能です。

*更に詳しく知りたい方は直接各区市町村へお問合せください。(下のサイトでも詳しい情報を入手できます)
厚生労働省ホームページ 「介護保険制度について」
介護保険情報 「介護保険制度解説」

閉じる